正しい歯の磨き方をご存知ですか?

皆さんは、歯を磨くときに沢山の歯磨き粉を使っていませんか。

 

実は、豆粒程度の量で十分なのです。何故かというと、

歯磨き粉は研磨剤なので、歯磨き粉を付けすぎてしまうと歯の神経を傷つけてしまい、

知覚過敏になってしまう恐れがあるからです。

 

知覚過敏になると、熱い物を食べても冷たい物を食べても歯がしみてしまいます。

 

また、歯を磨くときは、歯ブラシに水を付けてはいけません。

その理由は、水を付けることによって歯磨き粉が泡立ってしまい、

少し磨いた程度で満足してしまうからです。

 

歯を磨き終え、口をゆすぐ際も注意するべき点があります。

口をゆすぐときは、沢山の水でゆすいではいけません。

ゆすぎすぎると、フッ素が流されてしまいます。

 

フッ素は、虫歯を予防するとても大切な成分です。

口をゆすぐ際の水の量は、おちょこ一杯程度で十分綺麗に流すことができます。

 

三つのポイントを押さえるのはなかなか難しいので、おすすめの歯の磨き方を紹介します。

 

それは、歯の二度磨きです。まず初めに、歯磨き粉を付けずにいつも通りに歯を磨きます。

 

次に、歯磨き粉を豆粒程度の量を使ってもう一度磨きます。

 

二度目に磨くときのポイントは、歯磨き粉を歯に塗るような感じで磨いてください。

 

歯の白さ、ホワイトニングもとても重要なポイントです。

歯が汚いと印象がとても悪いですからね。

歯の汚さは見ないようにしても目に入ってきちゃいますし。

 

参照:ディノベート